庭木の伐採をする時に必要となるお祓いとその方法

庭木の伐採をする時に覚えておきたいお祓いの儀式

庭木の伐採時のお祓い方法を知ろう

草取りの場合と違い、庭木の伐採時は、少し気持ちに引っかかりがある人も少なくありません。伐採時のお祓いの方法をご存知でしょうか。

お祓いに必要なものを準備する

木には精霊が宿ると言われていますが、それは庭木にも同じことが言えます。庭木の伐採の際には、作業の前にお祓いやお清めを行ないます。お祓いやお清めをきちんとしておけば、心置きなく伐採できるはずです。まずは、お祓いに必要なものを準備しましょう。お祓いには塩とお酒が必要です。四隅に塩とお酒を撒いてお清めしてください。庭木の伐採を業者に依頼した場合は、業者側できちんと準備してくれるので、依頼者は何も準備する必要はありません。お祓いやお清めの手順も、業者がきちんと教えてくれるので安心です。

感謝の気持ち込めてお祈り

伐採の際のお祓いやお清めは、木に宿っている精霊にこれまでのお礼や感謝の気持ちを込めて行ないます。同時に伐採作業途中でケガ人などが出ないようにという、作業の安全祈願の意味もあります。伐採する前に、伐採する木に塩とお酒を撒きます。そのあとに、木の精霊に対し今までの感謝と伐採してしまうことへの謝罪の気持ちを込めてお祈りをしましょう。おおざっぱに作業するのではなく、気持ちを込めてひとつひとつ丁寧に行なうことがポイントです。

それでも心配なら神社にお祓いを依頼

通常は、お祈りをした段階でお祓いは終了します。自分や業者では、なんとなく不安が残ると言う人もいるのではないでしょうか。そのような心配が残る場合には、地元の神社に依頼して、神主さんに祈祷してもらうと良いでしょう。気になることを残してしまうと、何かあった場合に後悔してしまいます。きちんとお祓いを行ない、安心して伐採することがポイントです。

TOPボタン
庭木の伐採に必要な準備|お祓いが必要になる!?正しい庭木の伐採と草取りでメンテナンス