庭木の伐採や草取りをする前に覚えておきたいお祓いの意味

庭木の伐採をする時に覚えておきたいお祓いの儀式

庭木の伐採時にお祓いをするのは常識?

庭木の伐採、無造作に行なっていませんか?庭木の伐採の前には、あらかじめお祓いを済ませておくと気持ちよく伐採できます。

雑草の草取りや庭木の伐採時にお祓いをした人たち

日本では昔から木を神聖なものとして扱う風潮があり、現在でも庭木の伐採を行なう業者の多くは、伐採をする前にお祓いやお清めを行なっています。お祓いやお清めをせずに木を伐採すると、精霊が怒ると言われているためです。お祓いやお清めは安全に作業が進むようにという祈願と、木への感謝の気持ちを込める重要な儀式です。お祓いやお清めをきちんとすると、後ろめたさなく木を伐採することができます。伐採前にはお祓いすることがおすすめです。

実家に昔から生えている大きな庭木の伐採をしました。もちろんお祓いもしっかりしました。(30代/男性/既婚)

実家に生えている大きな庭木が陰を作ってしまうので、伐採することにしました。地元の業者に依頼したら、作業前にお祓いをするように勧められたので、合わせて依頼しました。作業前に、想像以上にきちんとお祓いしてもらえたので、気持ちよく伐採することができてよかったです。何事もなく無事に作業が終わって安心しました。

木には精霊が宿ると聞いたので、庭木の伐採代行業者に依頼してお祓いしてもらいました。(28歳/女性/独身)

庭の木を切ろうと思ってインターネットで検索していたら、庭木の伐採はお祓いをしないと作業中に危険なことが起こることがあると聞きました。何かあっては怖いと思って伐採業者に話すと、伐採の時に作業する前にお祓いをするのは普通だそうです。実際に伐採作業は何事もなくスムーズに済みました。伐採前にお祓いが必要だということを知っていて良かったです。 "

専門業者のサービス内容

専門業者はお祓いだけでなく、庭木の伐採作業や、草取りなどもきちんと行なってくれます。便利なサービスの内容を詳しく見てみましょう。

TOPボタン
お祓いが必要になる!?正しい庭木の伐採と草取りでメンテナンス